名所 旧跡

旅・信州さわやかリフレッシュ!

旅・信州・さわやかリフレッシュ!

信州〜名所・旧跡・名勝

スポンサードリンク


信州〜 名所・旧跡・名勝




国の天然記念物
ヒカリゴケ

長野県佐久市岩村田

ヒカリゴケは原始的かつ貴重なコケ植物です。
日本では北海道と中部地方以北の本州に分布し
冷涼な地域に広く分布し、
洞窟や岩陰などの暗く湿った環境を好みます。


洞窟のような暗所においては金緑色に光るということです。






信州の湖


野尻湖

長野県上水内郡信濃町野尻

周囲17.5kmは県下第2位の大きさ。
カヌー、ヨット、ボードセーリングなど
水上スポーツも盛ん。




竜宮崎の展望台
野尻湖・黒姫山の
サンセットポイントから





諏訪湖




仁科三湖

大町から白馬方面に向かうと左手に
木崎湖、中綱湖、青木湖と総称
「仁科三湖」が現れる。三個の中で
最も透明度が高い青木湖は「思索の青木湖」
といわれ美しい湖面に映える白馬三山を眺められる。


青木湖




中綱湖
「釣りの中綱湖」
三湖の中では一番小さい




木崎湖
「レジャーの木崎湖」









白駒池


長野県南佐久郡佐久穂町
標高2,100m以上の湖としては日本最大の天然湖

満面に清水をたたえた神秘的な湖

国道299号線沿いの駐車場に車を停めて、
そこから約10分ほど原生林の中を歩くことになりますが
樹齢数百年の時を刻んだツガ、トウヒ、シラビソの原生林で、
地上はまるで緑のジュウタンを敷きつめたような苔が一面を覆っています。









旧跡・庭園



光前寺庭園
文化財保護法による国の名勝
長野県駒ヶ根市

本堂の前庭と本坊客殿奥の庭園、
仁王門から参堂えお経て三門、本堂へと続く直線上の伽藍配置、
及びそれをとりまく境内林など境内全域約6.7ヘクタール

静寂な環境と風致は長野県随一と称されています。

本堂までの石畳を歩いていく途中、
両側にある石垣には苔が繁茂しています。
石垣の間を覗くと、 奥の方で苔が光っています。






小林一茶旧宅

長野県信濃町柏原

一茶が中風のために65歳で亡くなるまでの
半年近くを過ごした土蔵。
柏原の大火で焼け出された一茶は、
間口3間半、奥行2間2尺の
質素な土蔵で生涯を閉じた。
国の史跡に指定されている。








真田邸


松代藩9代藩主の真田幸教氏が、
母お貞の方の隠居所として建てられた。



花菖蒲や桜など色鮮やかに咲く自然豊かな広大な敷地に
長土塀・屋敷門・長屋・白倉など
旧大名屋敷の様式を残す貴重な史跡です。
長野市松代町




象山記念館

幕末の先駆者、佐久間象山の
遺品や愛用品の展示のほか、象山の功績を紹介する
ビデオコーナーなどもあります。
長野市松代町





旧開智学校

明治6年(1873)5月、開智学校の校名で廃寺を仮校舎として開校。
昭和36年(1961)3月23日、明治時代の擬洋風学校建築としては、
わが国で初めて重要文化財の指定を受けました。
旧開智学校で保存している各種の教育資料は、
質・量とも日本一ともいわれています。
長野県松本市開智2丁目





旧文武学校

真田氏が上田より松代に移藩してから廃藩までの10代250年間
松代藩が家臣の子弟たちに文武両道を教育するのに使われた。
現在もいたるところに往時の面影を残している。

長野市松代町





川中島古戦場

上杉謙信と武田信玄の一騎打ちの戦いとなった
川中島合戦の八幡原は公園となっています。









旧御射山遺跡
八島ヶ原湿原にある遺跡。

もとは諏訪大社の祭儀場だったところで、
鎌倉時代には流鏑馬も行われていた。
よく目を凝らすと三方の丘に当時の観客席が見つけられる。
諏訪郡下諏訪町東俣
 





森将軍塚古墳

    

科野のムラ


森将軍塚古墳は、
千曲川沿いに発達した標高490mの山頂にある
科野の里歴史公園にある全長約100mの前方後円墳で、
1600年前に築かれた国指定の遺跡





隣接する森将軍塚古墳館には、
実物大模型の大規模な竪穴式石室や出土した副葬品、
埴輪などが展示されている。


長野県千曲市大字屋代








景勝




木曽の大橋

橋脚を用いない木橋では日本一という、
長さ33m、幅6.5mの橋。
5〜6軒の家が建てられるほどの
木曽檜を使った贅沢な橋。
4月上旬〜11月下旬の日没後はライトアップされる。

長野県塩尻市奈良井






天竜峡


天竜川の幾千万年の浸食により、
川の両岸に奇岩怪石が聳え立つ大自然の渓谷.
春の新緑、山桜、夏の緑と白百合、秋のもみじ、冬の雪景色と
四季の変化に富む名勝に相応しい景観が楽しめる
天龍ライン下り等もたのしめる。


長野県飯田市川路天竜峡





辰野町の松尾峡

昔からホタルの里として有名な松尾峡。
菖蒲や蓮の花などをはじめとして、
一年中季節の花を観賞できるのが魅力的だ。
6月中旬にはホタル祭りが開催される。
上伊那郡辰野町下辰野





米子大瀑布

深山幽谷の壮大な自然はまさに「秘境」 
米子川源流、四阿山の北麓の懸崖に並んでかかる、
不動滝(落差85m)
権現滝(落差75m)
2滝の総称が米子大瀑布。


  滝の下にある米子不動尊は、
「米子のお不動さん」として庶民の信仰を集める
日本三大不動尊の一つで、
今でも修験者の道場となっています。

権現滝

不動滝

須坂市米子






姨捨(おばすて)

田毎の月


千曲市の姨捨(おばすて)にある景観の素晴らしさは、
眼下に見える棚田・千曲川・善光寺平を
一望出来る景色なのです。
棚田として全国ではじめて国の名勝に指定され
また、日本の棚田百選にも認定されました。



稲倉棚田

上田市の北東部、殿城地区に、
「日本の棚田百選」 に選ばれた
信州稲倉の棚田(しんしゅういなぐらのたなだ)があります。
稲倉の棚田は、元禄時代から明治時代にかけて
開田されたものと言われており、
山裾から谷間に大小様々な形状の棚田が広がり、
その景観について推薦をされ認定を受けました。









杖突峠
茅野市

長野県伊那市高遠町と茅野市の境界にある峠。
標高1247m。国道152号が通っている。
茅野側の展望が良く、八ヶ岳を一望できる他、
霧ヶ峰、美ヶ原、北には北アルプスの山並までの展望が望める。
また眼下には諏訪湖を望むことができ、夜景も楽しめる。
信州三景観の一つに数えられている。








寝覚めの床(ねざめのとこ)

中山道・木曽路に「木曽八景」として数えられる景勝地。
寝覚の床は、巨大な花崗岩が木曽川の激流に刻まれて
できた自然の彫刻です。
花崗岩は、木曽川の水流によって不思議な形に侵食され
巨大な花崗岩の白と、川面のエメラルドグリーンが
絶妙な色彩を醸し出しています。








三滝山・大禅の滝
三滝は「大禅」「小禅」「浅間」の3瀑布の総称
中でも大禅の滝は厳冬期には滝の落下口まで凍り、
見事な氷柱が現れる。
高さ30mにも達する氷のオブジェは、
松かさ状を呈してエメラルドグリーンに輝く。

小禅の滝です

長野県南佐久郡北相木村






宿場


海野宿


海野宿は寛永2年(1625)に
北国街道の宿駅として開設されました
海野宿は伝統的な家並みが
現在まで保存されていることから、
昭和61年には「日本の道百選」に、62年には
「重要伝統的建造物群保存地区」に選定を受けています。

東御市










牛方宿

昔、荷をつけた牛方と牛が同じ屋根の下で
疲れをいやしたという宿
信州、小谷、戦国街道の道
糸魚川から松本へ向かう牛方。
背に塩俵を二俵ずつ積んだ六・七頭の牛を、
牛方は一人で手綱をさばいて歩く
こうした牛方宿は、
かつて千国街道沿いに何軒もありました

北安曇郡小谷村千国





稲荷山宿

稲荷山は、江戸時代、
北国西往還(善光寺西街道)最大の宿場町としてにぎわい、
明治以降は善光寺平から西山部にかけての
商品集積地として発展しました。
白壁の土蔵が建ち並ぶ街並みが、
当時の繁栄を物語っています
千曲市 稲荷山




桑原宿

姨捨の北、善光寺西街道随一の難所猿ヶ馬場峠を越え、
くだって、
開眼寺を過ぎ、土壁がちらほら見えると、
落ち着いた風情を漂わせる桑原宿。
江戸時代、伝馬(てんま)をつとめ、賑った。
千曲市 桑原




和田宿
飯田市南信濃

南信濃村の中心市街地、和田の街。
戦国時代は遠山氏の城下町として、
江戸時代には秋葉街道の宿場町として栄えました。
また、王子製紙による山林伐採が行なわれた
明治から大正にかけては、
料亭などが立ち並ぶ一大繁華街でもありました。







紅葉の美しい渓谷




横谷渓谷

松川渓谷と並ぶ信州随一の紅葉の名所である
横谷渓谷(横谷峡)は、
白樺湖などのレジャースポットや別荘地のある蓼科高原の
近くの奥蓼科温泉郷にあります。

奥深い渓谷に燃え立つような紅葉はダイナミックで見応えがあります。
乙女滝や大滝、横谷観音展望台まで遊歩道が整備され、
渓谷沿いには色彩豊な景色が続きます。







阿寺渓谷

木曽郡大桑村野尻
JR中央本線野尻駅より徒歩30分

天然の大森林と、
数々の滝や渕となって流れる水の美しさは日本一である。
針葉樹の緑に木曽五木に生えるモミジ、
カエデ、ウルシが美しい渓谷です。





松川渓谷

上高井郡高山村
上信越道須坂長野東ICから国道403号経由約40分



松川渓谷の山田温泉〜七味温泉〜
山田牧場の一帯の紅葉は、
標高差があるため、カエデ・ブナ・
ナナカマドなどの
広葉樹が赤や黄色に染まるのを、
長期間にわたり楽しむことができます。


雷滝
信州高山村松川渓谷にある
「雷滝」は別名 「裏見の滝」 
とも呼ばれています。
滝の裏側を歩いて、
上から滝が流れ落ちてくるのを
目の前で眺められます。
もっと下まで歩いて降りれるので、
正面の上から下までの風景も絶景です。
足場のすぐ下は滝つぼのなっていて、
怖いくらいの高さがあります。




山清路公園

山清路はその昔から風光明媚な景勝地として知られていました。
公園内には百番観音・交通安全祈願のお地蔵さま、
修復された山清路橋など見所がいっぱいです。









奥裾花渓谷

上水内郡鬼無里村
長野ICから約50km
(奥裾花自然園観光センター
〜奥裾花自然園間はシャトルバス+徒歩でアクセス)、
JR長野駅から観光センター行きバス約2時間(季節運行)
+シャトルバス約10分+徒歩約10分 

上信越国立公園に属し、
奥裾花ダム上流の裾花川流域に約5kmにわたって続き、
日本百景のひとつに数えられる美しい渓谷です

林道の中路式ローゼ橋としては国内最長の奥裾花大橋が
架かる奥裾花ダム湖、
文殊滝など、多くの見どころに出会えます。




春日渓谷

佐久市望月春日
上信越道佐久インターより40分

鹿曲川(かくまがわ)に沿って続く切り立った岩肌に色とりどりの
紅葉が素晴らしいです。
鋭くきりたった岩々に自主する木々の紅葉は錦絵を見る様です






柿其渓谷
木曽郡南木曽町読書

数ある木曽路の渓谷の中でも、
特に美しいといわれる柿其渓谷
木曽川の支流、柿其(カキゾレ)川V字谷の秘境。
黒淵や牛ヶ滝など大小の滝、
エメラルドグリーンの淵が約8kmにわたって続くところへ
紅葉が見事な彩りを添え、絶好のハイキングコースになっている




古谷渓谷
南佐久郡佐久穂町
JR小海線羽黒下駅よりバス25分徒歩60分

抜井川上流の渓谷で、川をさかのぼると十石峠に至る。
渓谷には乙女の滝、臼石などをめぐる遊歩道が整備されている。
渓谷内にはキャンプ可能な乙女の森バンガロー村もある。





高瀬渓谷

長野県大町市平
JR大糸線信濃大町駅からタクシーで30分の七倉ダムから
特定タクシーで15分(マイカー規制あり

高瀬渓谷は県内有数の紅葉の名所地。
高瀬ダム園提より見下ろす紅葉や
尾入沢大橋から見る渓谷の
紅葉は絶景です。




差切峡

東筑摩郡筑北村坂北、生坂村
JR篠ノ井線坂北駅から村営バス中込行きで15分、
赤松下車、徒歩10分

筑北村と生坂村の境を流れる麻績川の渓谷で、
奇岩怪石が連なる。
なかでも、坂北荘先から山清路手前までの景観が美しく、
四季折々の自然が楽しめる。





丸畑渓谷・瀬戸の滝

長野県下伊那郡売木村

長野県の自然百選の1つ
花崗岩の奇岩裂岩が切り立つ渓谷の流れは
意外と穏やかで、木曽の「寝床の床」を思わせる。
春は木々の芽吹き、
秋はきらびやかな紅葉が清流に映え、
夏はアマゴやアユが渓流におどり、
冬は氷柱が厳然と立つなど、
四季折々の表情を見せる。








小渋峡
長野県上伊那郡中川村

小渋峡は、南アルプスと紅葉を望み、
それを映し出すダム湖の景観が素晴らしく、
ドライブコースとしても人気でおすすめです。





秘境




遠山郷
飯田市南信濃

遠山郷は長野県の最南端、南信濃・上村地方の山深い谷
日本三大秘境のひとつと言われてます。
国の重要無形民俗文化財に指定されている遠山霜月祭
秘境の谷に湧いた天然温泉「かぐらの湯」
南アルプスの雄大なパノラマを望むしらびそ高原
山と渓谷に囲まれた里山
心安らぎ、人情味溢れる遠山郷があります。




秋山郷
長野県下水内郡栄村

秋山郷は雪深い険しい山々に囲まれ、
平家の落人として長年外界と離れた生活を保ち、
独自の文化を育み伝えてきて
その自然の宝庫と素朴さが、秘境秋山郷の魅力です。





万古渓谷
下伊那郡泰阜村

万古川の上流におよそ7kmに渡って続く万古渓谷は、
信州を代表する秘境のひとつとして知られ、
天竜奥三河国定公園に指定されている。
夏には清涼な空気、秋には色とりどりに染まる紅葉に囲まれて、
キャンプ・釣り・沢歩きなどを楽しむことができる。





赤沢自然休養林
日本三代美林のひとつ

長野県木曽郡のほぼ中央に位置する上松町
上松駅から、西へ約15q。
車で木曽川の支流をさかのぼること約30分のところに、
赤沢自然休養林があります。

林齢約300年の木曽ヒノキと天然林が広がる赤沢一帯は、
原生の森を思わせる神秘の趣を漂わせています。

森林浴発祥の地
赤沢森林鉄道
森林資料館
「ヒノキ林木遺伝資源保存林」
「ヒノキ植物群落保護林」に指定







「村の中央部を中央構造線が南北に縦断」

大鹿村

長野県下伊那郡大鹿村


中央構造線大鹿村北川露頭
領家変成帯の岩石(左)と
三波川変成帯の岩石(右)が接しています。
「日本の地質百選」に選ばれています。





「日本で最も美しい村」連合に加盟


国選択無形民俗文化財
「大鹿歌舞伎」
大鹿歌舞伎は300余年前から、
大鹿村の各部落の神社の前宮として舞台で演じられ、
今日まで伝承されてきました。

ヒマラヤの青いけし

原産地は標高5、000メートルのヒマラヤ山脈で、
暑さに弱く、夏の気温が25度を超えないことなどが条件となるなど、
 
日本国内での栽培は非常に難しい。

ヒマラヤンプルーと呼ばれる幻想的な青さは神秘的。
開花時期は6月上旬から下旬、見ごろは中旬頃。 

村の人口よりも鹿の数が多いと
いわれている大鹿村です。






「日本の原風景が残る山の里」

日本のチロル「下栗の里」
長野県下伊那郡上村

傾斜30度余の山腹を切り開いたこの土地は、
近隣で縄文時代の土器が出土するなど、
古くから自然の恵みを求めて人々が暮らしてきた場所です。

 この里は、日本の原風景が残る地として、
「日本のチロル」と呼ばれています。







『分杭峠』(ぶんぐいとうげ)
驚異のパワースポット


分杭峠は、日本最古で最大、最長の巨大断層地帯
「中央構造線」の真上にあります。
「地球のエネルギーが凝縮されている所」


分杭峠の気場

場所は長野県伊那市にある、
南アルプスの西側を走る伊那山脈の峠の一つで、
標高1424mの地点にあります。


















旅・信州さわやかリフレッシュ!TOP




原風景


日本で最も美しい村
高山村



恋人の聖地 須坂


信州のパワースポット


城下町・松代


ハート型の湖
”北竜湖


信州上田 真田三代の郷


志賀高原の紅葉



小布施町


信州のここが日本一




温泉の旅


秘湯・露天風呂


温泉



宿場町の旅


木曽路〜宿場町



自然にふれあう旅


白馬・黒部ダム


志賀高原


上高地・乗鞍高原


避暑地・軽井沢


北アルプスの麓・安曇野


八ヶ岳山麓


信州の花


山・高原



味わう旅


信州の果物〜りんご・ぶどう


蕎麦・野沢菜


信州のみやげ・特産品


郷土料理



見て楽しむ旅


祭り・花火



スポーツ


ゴルフコース


スキー場


キャンプ場



知的な旅


善光寺と信州の国宝


美術館・博物館


伝統工芸品


城・城址


名所・旧跡・名勝








プロフィール






旅・信州リンク集






E-mail











































Copyright(c) 2006 旅・信州さわやかリフレッシュ! All Rights Reserved