信州 土産

旅・信州さわやかリフレッシュ!

旅・信州・さわやかリフレッシュ!

信州の土産・特産品のページ

スポンサードリンク


信州の土産・特産品

 



信州の旅の土産、心に残る、心に届く、
思い出がよみがえる特産品を紹介します。
     
さわやかで厳しい気象と清らかな水に恵まれた信州、
果物、農産物を初め民芸品や土産、特産品など
お薦めします。






信州の代表珍味
素材が生きておいしいです
蜂の子 蜂の子とは蜂の幼虫やさなぎのことで、重要な動物性蛋白質の供給源です。
大和煮や甘露煮や田舎炊きの味付けで炊き込みご飯、酒の友、お茶受けなどで
美味しくいただけます。
ざざむし ざざむしとは、長野県伊那市などで、清流に住むカワゲラ、トビケラ等の水生昆虫の幼虫を
食用とする(昆虫食)時の総称で、主に佃煮や揚げ物などにして食べます。
信州伊那谷を代表する高級珍味として世界に紹介されました。
コクがあって美味いし、どこか舌にスッとするような感じもする、大人の味です。
蚕のさなぎ 信州伝統の故郷の味。
その昔、蚕のさなぎは民間療法のくすりとして用いられたほど栄養豊富で、肉や魚のかわりに
蚕のさなぎを、ごくふつうに食べていました。
たっぷりのお湯の中で一度ゆでて、これを砂糖少しと醤油で煮つけて、
からからになるように仕あげます。
イナゴ 稲の葉を食べて育ったいなごは、田んぼに霜の降りる前ころが脂がのっておいしく、
「霜いなご」ともいわれます。
お湯に通してよく洗い、飛び足と羽をもぎとって砂糖、醤油で甘からく煮つけます。
かめにとっておいて、冬中のおかずにします。






シナノユキマス


 この魚の雪を連想させる銀白色の姿と
長野県の特産魚にふさわしい愛称の
「シナノユキマス」
 県内の主な生産地は佐久市で
県下全体の8割を占めております。
肉質は白身で、比較的淡白 淡水魚特有のナマ臭さがなく、
刺身 寿司種 天ぷら 塩焼き等でいただきます。




山塩

南信州【大鹿村】の鹿塩温泉から
天然の塩が採れます。源泉をじっくり煮詰めて
塩が精製されています。
この塩は、海水から作られる塩と比べて
苦みや粘りが極めてまろやかで
さらりとした口当たり、ほんのり甘みを感じる
特徴的な味わいです。
この貴重な塩は”幻の塩”とも呼ばれています。





    信州味噌   


日本全国のシェア40%を誇る信州味噌。
綺麗な水、おいしい空気、メリハリのある四季の気候などが

味噌の熟成に適しているといわれ、まろやかな風味、
滋味の豊かさが自慢です。
     



    信州蕎麦   

信州の各地で栽培されている蕎麦、蕎麦が育つのに
絶好の風土と自然条件を持っているので
味わい深い蕎麦がそだちます。

信州蕎麦の中でも特にブランド産としての
戸隠し蕎麦が有名です。





 佐久鯉 
    
二百二十余年の歴史をもつ佐久の名産、佐久鯉、
臭みも無く身が引き締まり、脂肪が適度にのった
歯ごある独特の味なのです。


佐久市の特産の「佐久鯉(こい)」がこのほど、
特許庁の地域団体商標として登録されました。
県内では「市田柿」「飯山仏壇」「木曽漆器」
「蓼科温泉」「信州鎌(がま)」に次いで6件目。

土産品としては甘露煮、すずめ滝などあります。
料理としては、鯉こく、塩焼き、あらい、
活きつくりなどあります。




 
  
 おやき 

おやきは古くは「やきもち」といって
素朴な美味しさをもつ郷土食でした。

季節の野菜や山菜を油で炒め味噌や醤油で味付けし
、練った小麦粉の皮で包んで焼きます。

中のあんに小豆をにて甘く味付けしたあんこを包んで
焼いたり、地方によっては蒸したりするところもあります。
            
長野五輪の時も話題になりました。
     



栗おこわ、栗菓子
            
信州、小布施は栗の里。

栗の栽培に適した土壌と内陸性の気候がまろやかな
風味と色合いをもった大栗を生産します。

栗羊かん、栗鹿の子、栗落雁などの栗菓子の他に
栗おこわも有名です。







みすず飴

みすず飴は、
みすず飴は六種類の完熟した果実
【あんず、りんご、うめ、ぶどう、三宝柑、もも】などの果汁に
水飴等を加え寒天で固めた乾燥ゼリー菓子です


弾力性があって柔かく果汁の風味と独特の歯ごたえが好まれています。

    
    


    
  
ざざ虫

ざざ虫は川虫の総称で、カワゲラなど水生昆虫の幼虫で信州でも
伊那地方だけの 珍味です。
            
一見、グロテスクな風体からは想像もつかないほどの
滋味豊かな美味しさで、独特の歯ごたえと旨味は
酒のつまみにぴったりです。
     



     
馬刺し

高タンパク、低カロリー、低脂肪の健康食品として有名な馬刺し、
馬刺しは馬肉料理の代表的なもので
おろし生姜と醤油で食べるお刺身です。

とろっとした舌触りは奥深い山国のお刺身の最高峰で
一度食べたら忘れられない絶品です。
     


          
地酒

美味しい信州の酒。

湿度が少なく爽やかな夏、厳しい寒気が一段と冴える冬、
どこまでの澄んだ空気、滾々と湧き出る清冽な水、

豊かな自然環境が育んだ良質の酒。
信州は美酒の国なのです。
     



りんご、アンズ
    
信州を代表する果物、りんご。
果樹の栽培に適した信州の密のいっぱい入ったりんごを
存分に味わって下さい。
        
    

一目10万本のアンズの里のアンズ、
数々の栄養素に優れた健康食品です。
種子は漢方薬としても使われています。
       


      
アンズは砂糖漬け、ジャム、干しアンズ、ジュース、
シロップ漬けなどに加工されていますもで土産品として最適です。
     




     
わさび

安曇野、穂高のわさび、北アルプスの麓の清らかな湧き水によって
栽培されています。穂高の特産品として美味しい料理をさらに

ひきたたせるわさび、生わさびはもちろんわさび漬けや
色々な製品に加工されていますが、わさび農場では
わさびソフトクリームが食べられます。
     



  野沢菜漬け  

北信濃の特産、野沢菜漬け、
毎年初冬に収穫し各家庭でも漬け込みます。
さっぱりした味の野沢菜漬けはふるさとの味で、
お茶の時間には欠かせない一品です。
     




      
きのこ

信州はきのこの王国。えのきたけ、やまびこしめじ、
なめこは全国有数の生産量を誇っています。
   

きのこはいろんな料理に合いとても重宝する食材です。
美味しさと共にボリュームもアップし、しかも低カロリーで 
食物繊維も豊富な健康食品です。
     




市田柿

南信州で600年以上も前から栽培された渋柿を原料として、
品種の選抜や栽培・加工技術の研究が進められ
日本一の味が全国から評価されて愛され、
「干し柿としては市田柿が最高」といわれています。

市田柿が地域商標に登録され、ブランド化されるなか、、

干柿の甘さは砂糖の1.4倍でハチミツに似た成分でできており、
また栄養価の高い食品として、現在もその人気は高く
下伊那の特産品として信州のお土産品として喜ばれています。

家の軒先に吊るされた「柿すだれ」は、伊那谷の秋の風物詩です。





      
水引

信州の南部、飯田市。
飯田水引は全国の約70%の水引を生産しており、
何世代にも渡って伝え続けられている伝統工芸品です。

水引は、人と人をつなぐ、心と心を結ぶものとして
昔から利用されてきています。
            
1998年冬の長野パラリンピックでは、
入賞者へ水引で創られた月桂冠が贈られました。
     




   
 松本てまり 

城下町である松本の代表的な民芸品、松本てまり。
白地に赤や黄色、紫などの絹糸を巻いて
美しいてまりにしあげます。

おみやげや贈り物に喜ばれる可愛いてまりです。





信州ワイン

一日の気温差があり、日照時間が長い長野の気候を生かして造られる
信州ワイン 今、日本で最も注目されるワイナリーが多く集まる信州。
ぶどう畑からこだわった品質の優れたワインが多くあります。




木曽漆器

木曽漆器の本場となっている旧楢川村(塩尻市)は
海抜およそ900メートルの高地にあり、夏は涼しく冬は厳しく寒いという
独特な気候は漆を塗る作業環境に良く、自然豊かな大森林は良材を育み
400有余年という歴史ある工芸品を作り出しています。












旅・信州さわやかリフレッシュ!TOP





原風景


日本で最も美しい村
高山村



恋人の聖地 須坂


信州のパワースポット


城下町・松代


ハート型の湖
”北竜湖


信州上田 真田三代の郷


志賀高原の紅葉



小布施町


信州のここが日本一

温泉の旅


秘湯・露天風呂


温泉



宿場町の旅


木曽路〜宿場町



自然にふれあう旅


白馬・黒部ダム


志賀高原


上高地・乗鞍高原


避暑地・軽井沢


北アルプスの麓・安曇野


八ヶ岳山麓


信州の花


山・高原



味わう旅


信州の果物〜りんご・ぶどう


蕎麦・野沢菜


信州のみやげ・特産品


郷土料理



見て楽しむ旅


祭り・花火



スポーツ


ゴルフコース


スキー場


キャンプ場



知的な旅


善光寺と信州の国宝


美術館・博物館


伝統工芸品


城・城址


名所・旧跡・名勝








プロフィール





旅・信州リンク集





E-mail













Copyright(c) 2006 旅・信州さわやかリフレッシュ! All Rights Reserved