信州 城 

旅・信州さわやかリフレッシュ!

旅・信州・さわやかリフレッシュ!

信州〜城 城址のページ

スポンサードリンク





旅・信州さわやかリフレッシュ!TOP






原風景


日本で最も美しい村
高山村



恋人の聖地 須坂


信州のパワースポット


城下町・松代


ハート型の湖
”北竜湖


信州上田 真田三代の郷


志賀高原の紅葉



小布施町


信州のここが日本一





温泉の旅


秘湯・露天風呂


温泉



宿場町の旅


木曽路〜宿場町



自然にふれあう旅


白馬・黒部ダム


志賀高原


上高地・乗鞍高原


避暑地・軽井沢


北アルプスの麓・安曇野


八ヶ岳山麓


信州の花


山・高原



味わう旅


信州の果物〜りんご・ぶどう


蕎麦・野沢菜


信州のみやげ・特産品


郷土料理



見て楽しむ旅


祭り・花火



スポーツ


ゴルフコース


スキー場


キャンプ場



知的な旅


善光寺と信州の国宝


美術館・博物館


伝統工芸品


城・城址


名所・旧跡・名勝









プロフィール





旅・信州リンク集





E-mail












信州〜城 城址 

    
城 城址は歴史の象徴
   
    










国宝 松本城


長野県松本市丸の内 

松本城は別名「深志城」、「烏城」とも呼ばれる平城で、
黒い板壁をまとう姿が雪化粧のアルプス連山によく似合います。



烏城の名の起源ともいわれる、五層六階の天守は、
文禄、慶長の建築で、大天守を中心に、
乾小天守が渡櫓(わたりやぐら)で連結され、
これに辰巳付櫓(たつみつけやぐら)と月見櫓をつけた
複雑な構造です。

遺構  天守、乾小天守、付属櫓(国宝)








小諸城址 懐古園


長野県小諸市懐古園

浅間山の山裾に連なる丘陵の末端部、千曲川のつくる
河岸段丘上にある小諸城は、「穴城」とも呼ばれるように
城の中心部が城下よりも低い位置にあります。
その他に「酔月城」、「鍋蓋城」、「白鶴城」とも呼ばれている平山城です。

古い築城形式を今に伝える貴重な遺構があります。

園内には藤村記念館や小山敬三美術館、
動物園などがあります。

遺構  大手門 三の門、石垣、堀








上田城


長野県上田市二の丸

智将の誉れ高い真田昌幸の築城になる名城、別名、
「伊勢崎城」、「「尼ヶ淵城」、「真田城」、
「松尾城」とも呼ばれた平城です。

徳川の大軍に二度までも攻撃されながら、
ついに落ちることなく、真田と上田城の名は
天下に鳴り響いたといわれています。

遺構  櫓 堀 石垣 土塁








諏訪高島城

長野県諏訪市高島

諏訪湖に浮かぶ優美な城であったことから、「浮城」
の別名があり、その他にも島崎城とも呼ばれている平城です。

完成は慶長三年頃で、現在は湖から離れ、
当時の遺構は堀と石垣だけですが、
昭和45年に天守や櫓門が復元されました。

遺構  堀、石垣







松代城跡


長野県長野市松代町

別名「海津城」、「松城城」とも呼ばれ、
城を築いたのは武田信玄で永禄三年、
北信濃における拠点として、また、川中島で衝突を繰り返して
きた宿敵、上杉謙信への備えとして築かれた城です。

松代城跡は国の史跡に指定され、平成7年から江戸時代の絵図に基づいて
本丸跡と二の丸跡を中心に復元整備工事に着手。
太鼓門と北不明門、木橋を復元したほか、内堀や土塁、
石垣なども整備され、平成16年に完成した。


遺構 石垣


松代城跡のすぐ南に国史跡の真田邸が昔のままの姿で残り、
長土塀や泉水、屋敷門、白蔵などが見られ、
その隣には真田宝物館がある。






龍岡城

長野県佐久市田口字田中

龍岡城は、城と言うよりは陣屋的な規模だが
函館五稜郭と同じ時期に築城された、
小振ながらも立派な五稜郭といえます。

平城

遺構    曲輪、櫓、石垣、堀









飯山城

長野県飯山市飯山

永禄7年、上杉謙信が越後防衛上重要な城としてこの城を築いた。
飯山城は、千曲川のほとりにある小高い丘に築かれている。 
現在、本の丸は神社の境内、二の丸は公園となっている。

平山城

遺構  曲輪、復元門、石垣、土塁






高遠城

長野県上伊那郡高遠町東高遠

高遠城は別名「兜山城」、「甲山城」とも呼ばれる平山城で、
小城ながら要塞堅固の名城として名を馳せた城です。
天文14年、武田信玄の築城以来あまり大きな改変を受けず
戦国時代の城郭の構えをよく伝えています。
遺構   石垣、空堀、土塁

城址一帯は小彼岸桜の名所として知られています。








高梨館跡公園

小館の高梨城は高梨政盛の全盛時代で、
永正7年(1510)越後の長尾為景(謙信の父)に加担して
魚沼郡長森原に戦って、
敵将を討ちとりました。
戦後信州へ凱旋した前後に築城したと言われています。

周囲には空濠・土塁がのこり、
庭内に稲荷社・井戸跡・庭石などものこっています。









伊豆木陣屋
(国史跡)

長野県飯田市伊豆木

伊豆木陣屋は、慶長6年に松尾小笠原信嶺の弟小笠原長臣が旧領伊豆木で
1,000石を領して陣屋を築いた。 
伊豆木陣屋は、戦国の名残をまだ色濃く残す時期に築かれただけに、
僅か1,000石の交替寄合の陣屋ではあるが、
規模は小さいながらも立派な城だ。

遺構  石垣、土塁、書院






飯田城跡
飯田市追手町

飯田城は、室町時代に坂西氏により創築。
南の松川と北の谷川に夾まれた河岸段丘の
先端部を利用して築かれた城です。
本丸跡には現在美術博物館が建ち、付近には遺構が点在します

旧城内の建物の遺構として、
桜丸御門(通称 赤門)が市立図書館脇に残っています。