善光寺

旅・信州さわやかリフレッシュ!

旅・信州・さわやかリフレッシュ!

善光寺と信州の国宝のページ

スポンサードリンク



善光寺と信州の国宝
重要文化財

  


信州には善光寺をはじめ、
特に歴史的に重要な建造物であると指定された
国宝、重要文化財がたくさんあります。



全国的にも有名な善光寺
その他の信州の国宝の
ご案内をします。





善光寺

長野市


牛に引かれて善光寺参り」
「遠くとも一度は参れ善光寺」と
いわれているように
信州の善光寺は奈良朝時代から栄えた有名なお寺で
いつも全国からの参拝客の
姿が絶えません。

善光寺は1300年という長い歴史があり
宗派を問わず信仰を
集めてきました。


本堂

善光寺の金堂は如来堂とも呼ばれ
江戸中期の最もすぐれた仏像、建築物で
入母屋造りの総檜皮葺き、
豪快なたてもので国宝に指定されています。
          ご本尊は秘仏で、
同じ形の「前立観音」だけが7年に一回公開されます。
これが善光寺のご開帳です。

      




お数珠ちょうだい


住職がお上り、お下りの時に
その数珠で膝まづく信者に触れる、
特に頭とかおでことか、
          
御仏の恵みに預かれるというので信者の人たちが
善光寺の境内に並ぶ姿が見られます。
      


お戒壇めぐり

  
本尊が秘仏で公開されないため、
本堂の下の地下回廊を歩き、
 真っ暗な中を手探りで進んで
ご本尊の真下にある「鍵」に触れ、
本尊と結縁するというものです。
          
この鍵にあたれば無事極楽に
いけると言われています。

      

山門・鐘楼

          

高さ20mの山門、
除夜の鐘で名高い鐘楼とも国の重要文化財です。


     




元善光寺
飯田市座光寺

 
全国には、善光寺と名の付く寺が幾つかありますが、
その代表格として知られるのが、飯田市座光寺にある「元善光寺」です。
ここは、善光寺の開祖でもある本田善光(ほんだよしみつ)が
生まれた場所で、善光が難波の掘江から、
善光寺の御本尊である「一光三尊阿弥陀如来像」を、
信州に初めてお迎えした場所でもあります。


勅命によりご本尊は長野の善光寺に遷されましたが、
その際に「毎月半ば十五日間は必ずこの麻績の古里
(飯田市の元善光寺)に帰りきて衆生を化益(仏道に導くこと)せん」という
仏様のお告げがあったことで、
「善光寺と元善光寺と両方にお詣りしなければ
片詣り」と昔から言われています。
霊宝「座光の臼」も必見です。






 
  松本城  

松本市

北アルプス観光の拠点である松本市のシンボル、
松本城。

         
室町時代の末期、永正元年(1504)に築城され
深志城と呼ばれていました。

         
松本城の大天守は五層六階としては、
現存する我が国最古のもので
国宝に指定されています。
         
天守の外壁は各層とも上部は白漆くいで、
下部は黒漆塗りの下見板が覆っていることから

烏城」とも呼ばれています。
白と黒とのコントラストが
アルプスの山々に映えて
見事な景観をつくりだしています。

平成11年に128年ぶりに太鼓門が復元されました。


     




安楽時八角三重塔
    上田市別所温泉   

長野県で一番早く国宝に指定された、
別所温泉の安楽寺の八角三重塔、





木造の八角三重塔としては
全国にひとつしかないという
貴重な建築で、
長野県が世界に誇る貴重な文化財です。

         
どっしりとした落ち着きがある塔で、
上品さと華やかさも兼ね備えており、
天下の名塔と言われるのも納得です。
    





 仁科神明宮
      
大町市大字社   




松本市から白馬村に向かって
北に約30kmに位置する大町市、
樹木が鬱蒼と繁った森の中に
 国宝、仁科神明宮はあります。

建築年代は謎に包まれていますが、
神殿の形式は伊勢神宮と同神明造りで、
現存するものの中でも最古のものとして
貴重な遺構であると言われています。
         


本殿と中門、釣屋が
国宝に指定されています。
   小さな社殿ではあるが、
森厳な境内に立つ素朴な社殿は、
国宝という名にふさわしい
日本建築の本質的な美しさが感じられます。









大法寺三重塔
長野県小県郡青木村当郷

上田市内からR143号を青木村へ、
青木村を見下ろす山腹にある国宝、大法寺。

三重塔は鎌倉幕府が滅びた1333年に建てられました。
均整のとれた塔はおもわずふり返るほど美しいということから、
「見返りの塔」とも呼ばれています。

この塔の美しさの由縁は初重が特に多きいことで、
落ち着いた感じになる独特の工法だそうです。







土偶〈縄文のビーナス〉
(茅野市)


茅野市棚畑遺跡から出土した
縄文時代中期の立像土偶
全体像は下方に重心がある安定した立像形で、
全長は27センチ、重量は2.14キロ。
八ヶ岳山麓の土偶の特徴と造形美を合わせ持ち、
縄文時代の精神文化を語る傑出した品






国の重要文化財




諏訪大社

正式名称[ 諏訪大社 上社本宮・下社秋宮 ]

上社本宮 長野県諏訪市中州宮山1
上社前宮 長野県茅野市宮川2030
下社春宮 長野県諏訪郡下諏訪町大門193
下社秋宮 長野県諏訪郡下諏訪町上久保5828

諏訪大社は、
諏訪湖の南北に二社ずつ、四ケ所に鎮座する変わった形の神社で
諏訪湖の南側に位置する上社本宮と上社前宮
北側に位置する下社春宮と下社秋宮の四社
から構成されています。
現在の上社本宮の社殿は
江戸時代後期に建てられたもので、
国の重要文化財に指定されています。

天下の大祭 御柱祭
十二支の寅年と申年の式年ごとに一度、
諏訪地方の氏子達が参加して行われる御柱祭

平成6年に県の無形民俗文化財に指定されました。






前山寺
上田市前山

信州上田の独鈷山麓にあり、
塩田平を眼下に東に上田城・千曲川、
西に別所温泉という場所にあります。

  「未完成の完成の塔」と呼ばれる
国の重要文化財にも指定された三重塔があり、
境内は季節のうつろいとともに花々が咲き
「花の寺」とも呼ばれています。

四季の自然と溶けこんで
繊細な完成されたような美しさを持つ寺です。








中禅寺
上田市前山

塩田平の南方、独鈷山の麓に中禅寺は建っています。

空海によって開かれたと伝わる真言宗の古刹。
薬師堂、薬師如来座像、神将像はいずれも国指定の重要文化財。
お堂は約800年前の建築で、中部日本で最も古いといわれている。

木立にかこまれた静かな中に、
ゆったりと広がるカヤ葺の重厚な屋根が、
荘厳なたたずまいを感じさせます。






布引観音
(天台宗布引山釈尊寺「布引観音」)
小諸市大久保2250





牛にひかれて善光寺」の伝説の舞台となった寺
布引山釈尊寺は神亀元年(724年)創建と伝えられている。
赤い柱の宮殿(くうでん)は鎌倉時代の様式の建築物で
重要文化財に指定されている。
布引山の切り立った中腹に朱塗りの観音堂がある。
中に宮殿が安置されている山頂からは、眼下に千曲川が流れ、
城下町小諸や浅間山が一望できる







光前寺
長野県駒ヶ根市赤穂

光前寺は十余棟の堂塔を備え、長野県下屈指の大寺です。
南信州随一の祈願霊場として広く信仰されているお寺です。

伽藍(仁王門・山門・本堂・講堂・県宝:三重塔・重文:弁天堂)
光苔(参道の石垣)・庭園を含め寺全体が
国の名勝庭園の指定されています。

700年ほど前光前寺には風の様に早く走る
「早太郎」という山犬が飼われていました。
娘の身代わりとなって
化け物の”老ヒヒ”と死闘のすえ退治した
早太郎は「霊犬早太郎」と言われ、
不動明王の化身として、また災難除、
厄払の御利益があると言われ、信仰をあつめています。
霊犬早太郎のお墓







浄光寺
長野県上高井郡小布施町雁田

萱葺き屋根の入母屋作りで、天下屈指の最優秀作と
いわれる基股(かえるまた)や、外陣天井を
化粧屋根裏とした手法とうに素晴らしい技術が見られ、
特に仮壁に残る極彩色の仏画、内陣柱上の斗供(ときょう)
等は優秀で室町時代初期の代表的な建築と
高い評価がされています。


春の花桃、秋の銀杏が目を楽しませてくれます。




遠照寺
長野県上伊那郡高遠町山室

遠照寺には、長野県でもっとも古く、
室町時代に造られたという多宝塔があり
釈迦堂も共に国の重要文化財に指定されています。

ボタンの名所としても知られるお寺で
季節には170種2000株のぼたんが咲き誇り
多くの方が訪れます。







大宮熱田神社

長野県松本市(旧梓川村)


松本市の西側の梓川地区にある大きな神社
御本殿は、室町時代(約450年前)の建築で
国の重要文化財
に指定されています。

鳥居の近くにあるモミの木は
長野県の天然記念物に指定される程の巨木です。
ネヅコの木は大宮熱田神社内では
一番古い木で樹齢1000年以上と推定されています。
「松杉相生(あいおい)の木」(仲良し縁結びの木)は
大変珍しく、松と杉が寄り添うように立っています。






新海三社神社
南佐久郡臼田町田口

重要文化財の新海神社三重塔は
神社には珍しい三重塔があります。



塔は塔婆の略で、本来仏教的構造物であり、
神社にあるのは不思議です。
わが国には神仏習合という長い歴史があり、
新海神社にも神宮寺があり、
神宮寺の塔としてこの地に三重塔が建立されたようです。

新海神社東本社
重要文化財で室町時代の建造です。







馬場家住宅
長野県松本市内田

江戸時代には広大な田畑をもち、
諏訪高島藩主とも濃密な関係にあった馬場家の屋敷を公開。
江戸末期の長野県西南部を代表する
本棟造りの民家建築で風格がある。

塩尻北から車で10分
松本からバスで30分




福徳寺本堂
長野県下伊那郡大鹿村

堂は桁行3間、梁間3間、1重、こけら葺きで、
組物は隅柱のみ舟肘木を設け、
軒一重疎垂木舞打ちの簡素な建物であり、
小規模ながら洗練された姿からは
中央の寺院建築文化の風格が漂います。
長野県最古の木造建築物として
昭和25年重要文化財の指定を受けています。





松下家住宅

主屋は西に面し桁行14.6m、
梁間15.8m切妻造妻入の構造となっている。
内部は、北側に土間を取り桁行3列に12部屋をならべ、
特長として全体に壁が少なく、
裏側にも床つきの座敷があり、
生活の中心となっている居間が建物の裏側にとられているなど、
本棟造の中ではかなり進歩したものとなっています。












旅・信州さわやかリフレッシュ!TOP





原風景


日本で最も美しい村
高山村



恋人の聖地 須坂


信州のパワースポット


城下町・松代


ハート型の湖
”北竜湖


信州上田 真田三代の郷


志賀高原の紅葉



小布施町


信州のここが日本一




温泉の旅


秘湯・露天風呂


温泉



宿場町の旅


木曽路〜宿場町



自然にふれあう旅


白馬・黒部ダム


志賀高原


上高地・乗鞍高原


避暑地・軽井沢


北アルプスの麓・安曇野


八ヶ岳山麓


信州の花


山・高原



味わう旅


信州の果物〜りんご・ぶどう


蕎麦・野沢菜


信州のみやげ・特産品


郷土料理



見て楽しむ旅


祭り・花火



スポーツ


ゴルフコース


スキー場


キャンプ場



知的な旅


善光寺と信州の国宝


美術館・博物館


伝統工芸品


城・城址


名所・旧跡・名勝









プロフィール





旅・信州リンク集





E-mail






















Copyright(c) 2006 旅・信州さわやかリフレッシュ! All Rights Reserved